リロケーションとは?

念願のマイホーム、やっとのことで憧れの一軒家を手に入れた矢先の転勤辞令。
そのようなとき、どうしますか。
単身赴任?それとも家を手放す?家族がいるならまだしも、独身だと単身赴任もなにもないですので、家を空き家にすることになってしまいます。
しかも、家を空けている期間にも住宅ローンを払わなければなりません。

使っていない家のためにお金を払い続けるうえに、赴任先の住居の家賃を払わなければならないわけですから、二重の負担がかかってしまいますから、心情的にもおもしろいものではありません。
そのようなとき、選択肢として浮上してくるのが、リロケーションの活用です。

リロケーションとは、転勤者の留守宅を一定の期間だけ賃貸することをいいます。

もともとはアメリカを中心に欧米で始まったサービスで、転居に伴う諸々の手続きや家の売却をまとめてサポートする業務で、特に家の売却と税務手続きで儲けを出すものです。
ところが、日本では念願のマイホームを売却するという感覚がないため、転勤の期間だけ空き家になっているマイホームを管理するという業務となっています。

2000年以降の定期借家法の施行により、期間を限定して家を貸すことが可能となったため、家主の不在期間中にマイホームの貸出しができるようになりました。
そして、ノウハウのある不動産業者が仲介となり、家主と利用者にサービスを提供する形となりました。

このリロケーションサービスを利用すれば、マイホームを手放すことなく、しかも不在中にローンを払い続けるだけでなく家賃収入が得られるようになり、金銭的負担が緩和できるようになります。
他にも、これから紹介するような様々なメリットがあり、また各種サポートを得られるようになります。



≪特選サイト≫
転勤中のマンションを貸したいならリロケーションを活用しましょう ⇒ マンションを貸したい